Works



『Years and Seasons』


LGBTをテーマに書いた4作に、第1作『秋の改札口』のスピンオフを加えた短編集。


<秋の改札口> <夏の背番号>

<春の放課後> <冬の通学路>
<秋の改札口・静香編>
愛実と離れた後、静香は、どんな道を歩んで大人になっていくのか?・・・ 愛実が主人公だった『秋の改札口』を静香の視点から書いたスピンオフ作品。 

『研究室の娘』


池袋サンシャインビルの地下。 そこでは、複写貼付の技術を持った特殊能力者が、17年前に複写した研究室を貼付しようとしていた。 研究室と共に現れた少女が抱えた秘密とは? 真知子(まちこ)と朔良(さくら)は、その秘密を解き明かすことができるのか?・・・ 池袋を舞台に描かれるライトなSFの世界。


『能力者』シリーズ第1作。




『秋の改札口』


JR中央線沿線の町。 そこで暮らす女子高生・愛実(まなみ)が、同級生の静香(しずか)に好意を抱く。その気持ちは友情なのか、それとも恋なのか?・・・ 八王子を舞台に描かれる、少女たちが大人になっていく物語。


LGBTがテーマの短編シリーズ『Years and Seasons』第1作。

『夏の背番号』


神奈川にある野球場。 そこでは、甲子園地方予選の決勝戦が行なわれていた。 応援席にいる奈緒(なお)と優作(ゆうさく)は、それぞれが、グラウンドで走る大輔(だいすけ)の恋人だった。 三人の恋の結末は、どうなっていくのか?・・・ 横浜と神宮球場を舞台に描かれる三角関係の物語。


LGBTがテーマの短編シリーズ『Years and Seasons』第2作。




『春の放課後』


新宿にある研究施設。 そこでは、バーチャルな世界で特殊な訓練が行なわれていた。 開発者の翔子(しょうこ)は、そのシステムを使い、誰にも内緒で小さな秘密の世界を作る。 彼女は何のために、その世界を作ったのか? その世界で生きる香織(かおり)の行方は?・・・ 新宿と立川を舞台に描かれる、かつて少女だった女たちの恋の物語。


LGBTがテーマの短編シリーズ『Years and Seasons』第3作。

『冬の通学路』


関東のどこかにある町。 そこには、アットホームなカフェがあった。 その店を訪ねた宗次(そうじ)は兄・真一(しんいち)の同級生だった祥平(しょうへい)と再会する。  祥平は、宗次の初恋の人だった。 彼の初恋の結末は?・・・ 酒屋とカフェを舞台に描かれる、かつて少年だった男たちの恋の物語。


LGBTがテーマの短編シリーズ『Years and Seasons』第4作。




『The Wicket of the Station』(English Edition)


In the train on Chuo-line in Tokyo, you might have seen two girls stand without talking at all. This is the story about two high school girls keeping some kind of feeling like‘love' each other. They even don't know if it could be just for now or forever.


・Haruki KUROSAWA (Author)
・Hiromi NOZAWA (Translator)


※『秋の改札口』英語翻訳版

『The Cafe of the Town』(English Edition)


Souji never liked to go home when he was a boy, and he would never come home after he graduated high school and left his hometown. It’s been a while he had a chance to stop by his home town; he met his brother’s friend, Shohei, he used to be in love with in his childhood. The moment of time Souji, Shohei, and Souji’s brother faced takes themselves to the days of their childhood. Now is the time for three boys finally getting back what they really wanted.


・Haruki KUROSAWA(Author)
・Hiromi NOZAWA(Translator)


※『冬の通学路』英語翻訳版




『歯車の回転』


都内の洋食店を貸し切った広い会場。 そこでは、女子校の同窓会が行われていた。 アラフォーに突入した元同級生の社会人女性二人。 彼女たちが再会した夜をきっかけに二人の歯車が回転を始める。 果たして、歯車はどこへ、どこまで回転していくのか?・・・  既婚と独身、それぞれの社会人女性ふたりの物語。


※R-18指定

『夜明けのマーライオン』


商店街の写真屋と美容院の娘としてそれぞれ育った幼馴染の二人の少女。 二十歳の時から消息を絶っていた一人が十二年ぶりに商店街に戻ってきた。 果たして、彼女は何のために戻って来たのか?・・・ 幼馴染のアラサー社会人女性ふたりの物語。




『コンパニオン・プランツ』


出世を諦め、左遷人事を受け入れたアラフォーの糸子は乾いた毎日を過ごしていた。 そんな時、隣の席に何でもメモする派遣社員の駒子が配属される。 彼女も同じアラフォーなのにやたらと若々しい。 果たして、彼女にはどんな秘密があるのか?・・・ 自信を失った正社員と瑞々しい派遣社員のアラフォー社会人女性ふたりの物語。 


※R-18指定

『もうひとつの名前』


四十代に入り、また一人になった素子は月に二度、葵というコールガールと関係を持つようになった。 一年が過ぎ、突然、葵が仕事を辞めると言い出した。 関係が良好だと思っていた素子には理由が分からない。 葵はなぜ辞めると言い出したのか?・・・ 四十代の会社員と二十代のコールガールの女性ふたりの物語。


※R-18指定




『She loves you -side A- 』

 

<妹の話>
春菜は付き合って十年、同棲して七年の恋人と一緒に猫を飼いながら暮らしている。ある日の朝、実家で暮らす大学生の妹から泊まりに行っていいかと連絡が来た。妹は両親から、姉をお見合いの場所に連れてくるよう秘密の命令を受けていた・・・ 

 

<花嫁控室にて>
引越を控えた歩美は、生まれた時から暮らした実家の部屋を片付けていた。たくさんの物を処分していく中、行き先を保留にしてしまった箱があった。箱の中には、中学生の頃から濃密な関係を続けた同級生との思い出が詰まっていた・・・

 

<大叔母様の手紙>
高校で美術教師をしている明日香には、気になっている生徒がいた。ある日、療養中の大叔母から本を譲られ、その中に隠されていた大叔母宛の手紙を見つける。五十年ぶりに発見されたその手紙は、明日香が生徒からもらったラブレターにそっくりだった・・・
 

<ゴンドラのドラゴン>
都心の高層ビルで派遣社員として働く倉野には、窓から見える富士山を見て元気を出す習慣があった。ある日、会議室で泣いていると上空からゴンドラが降りてきて、窓拭き職人と目が合った。隣にいた部長にけしかけられ、ゴンドラを追いかけるようにエレベーターに向かった・・・

 

大人の女性を主人公にした女性同士の恋物語をまとめた短編集。

 

※R-18指定

 

『She loves you -side B- 』

 

<靴を踏む>
出勤中の朝、婦人科医の尾木が就職活動中の女子大生に靴を踏まれて転んでしまう。お詫びがしたいと言う女子大生と連絡先の交換をし、距離を縮めていくことに。だが、同期の女医である有田との関係も少しずつ変化を始めていた・・・
 

<洗濯女>
大学で教授秘書をしている大谷には付き合って四年になる既婚者の恋人がいた。ある日、彼女から別れを告げられ、転職を決意する。新しい仕事先は浮世離れした雰囲気の店長がいる染み抜き専門のクリーニング店だった・・・
 

<中庭のある家>
かつて女性と付き合っていた京子は結婚し、夫と息子を持つ専業主婦になっていた。夏休みの間、息子の家庭教師として女子大生が家に通うことになった。彼女と会う度に、本当は女性が好きだということを思い知らされていくのだが・・・

 

<もうひとつの名前・改>
四十代に入り、また一人になった素子は月に二度、葵というコールガールと関係を持つようになった。一年が過ぎ、葵が突然仕事を辞めると言い出した。関係が良好だと思っていた素子には理由が分からない。葵はなぜ辞めると言い出したのだろうか・・・

(2015年発売の『もうひとつの名前』加筆修正版)

 

大人の女性を主人公にした女性同士の恋物語をまとめた短編集。

 

※R-18指定




『昼過ぎから夕方にかけて』

 

大好きだった女性のことを忘れられない秋菜は悲しい想いを抱えたまま、社会人一年目の日々を過ごしていた。 九月のある日、出張先の東京で台風のせいで交通機関が乱れ、帰りの新幹線に乗れなくなる。 そんな中、秋菜は仕事で打合せしていた相手の部屋に成り行きで向かうことになった・・・

 

大人の女性を主人公にした女性同士の物語。

 

(『She loves you -side A- 』収録の『妹の話』続編)

 

※R-18指定

 

『夜のはじめ頃』

 

※現在、執筆中。

 




『例年だとこの季節には』

 

女医の有田は彼女の実家の病院を一緒に継いでいる。 九月のある日、遅く取った夏休みに墓参りに行き、学生時代の恩師に出会ったことがきっかけで、ある医療施設に向かうことになった・・・

大人の女性を主人公にした女性同士の物語。

(『She loves you -side B- 』収録の『靴を踏む』続編)

 

※R-18指定











Copyright (C) MetroSwitchCompany All Rights Reserved.